第14回年表(2006/4/21~2006/5/21) 強制終了期日2006/5/28

・第14回詳細年表はこちら

正史記述 第14回記述 備考
180年 ・第14回SFO三国志、ゲーム開始! 1月中旬
182年 ・各地で戦争が起こり始める。 1月上旬
:・黄巾の乱、起こる 184年 ・夏:北西部に皐月皇国、南西部に蜀漢国、南部に龍宮国、東部に弩砲投石国が台頭する。
特に、北部・中心部にはまだ小規模国が目立つ。
8月下旬
・霊帝、崩御。少帝即位。
・董卓、少帝を廃し陳留王(献帝)を擁立。
189年
・袁紹を盟主とし、反董卓連合軍結成。
 (後、内部崩壊)
・董卓、少帝を殺害し長安へ遷都。
190年 ・冬:陳留の漢帝国、襄平の半萬年国が滅びたことにより、中国東北部には3~4都市数規模の国が並ぶ。 12月下旬
・孫堅、劉表軍との交戦中に戦死。 191年 ・初夏:東南部で猫の遠足国と龍宮国が、合肥・廬江をめぐり激しく争う。
1年に1回程の割合で互いを攻めるも決着つかず。
5月上旬
・袁紹、界橋にて公孫瓚を破る。
・董卓、呂布・王允に謀殺される。
192年 ・春:呉藍国、世紀末国より南皮の割譲を受ける。 3月上旬
・曹操、父を殺され徐州に赴き大虐殺を行う。
・公孫瓚、劉虞を処刑する。
193年 ・初冬:弩砲投石国が呉藍国の南皮を攻める。1月後には世紀末国が呉藍国の鉅鹿を攻める。(鉅鹿攻めは割譲) 11月中旬
・劉焉死去、劉璋が跡を継ぐ。
・陶謙死去、劉備が跡を継ぐ。
194年
・曹操、定陶で呂布を破る。
・献帝、長安を脱出。
195年 ・秋:唯我独尊国が滅んだことにより、1都市支配は青龍的三国国のみ。
 他は3~6国支配国となる。
9月上旬
・劉備、徐州を追われ曹操の元に身を寄せる。
・献帝、洛陽に帰還。
・曹操、献帝を奉じ、許に遷都を行う。
・孫策、王朗を攻め、会稽を支配する。
196年 ・年始:呉藍・世紀末・弩砲投石国の3国が大乱闘!
 オセロゲームのように都市色が変わる混戦状態となる。
・秋:呉藍国が滅び、1国支配の青龍的三国国以外は、全て4~6国支配の国となる。が、依然統一に有利といった国はない模様。
1月中旬

9月中旬
・曹操、降伏してきた張繍を激怒させ、長男、典韋らを失う。
・袁術、寿春において帝位を僭称する。
197年
・呂布、曹操に破れ処刑される。 198年 ・初夏:今まで大きな動きのなかった西部地方。
 皐月皇国が蜀漢国を攻め、南征をはじめる。
5月中旬
・公孫瓚、易京で袁紹に敗れ自殺する。
・袁術、病死する。
199年
・董承による曹操暗殺計画が露見する。
・曹操、劉備を攻め関羽を捕虜とする。劉備は袁紹をたよる。
・孫策、刺客に遭い死去。弟の孫権が継ぐ。
・曹操、袁紹と官渡で戦いこれを破る。
200年
・袁紹、病死。後継者争いが勃発。 202年
203年 春:南西部にて蜀漢国が滅亡。西部は皐月皇国が支配し、支配国数、 所属武将数共に最大の国となる。
 東部にて弩砲投石国が南下。猫の遠足国を攻め始める。
3月下旬
・曹操、袁(紹)一族の本拠地鄴を攻め落とす。 204年
・曹操、袁譚を破り、袁紹の遺臣を得る。 205年 夏:龍宮国がすもも帝国の襄陽を攻めるが落せず。。
秋:弩砲投石国、猫の遠足国の建業、後に合肥を攻めるが、得られず終わる。
206年
・袁煕・尚兄弟、亡命先で斬られる。
・劉備、諸葛亮を三顧の礼で迎える。
207年
・曹操、丞相になる。
・劉表、病死。
・赤壁の戦い。曹操、孫権・劉備に敗れる。
208年
・劉備、孫権の妹を娶る。 209年 秋:この頃より各地にて戦争が止む。中国大陸につかの間の平和が訪れる。 9月下旬
・曹操、銅雀台を建てる。
・周瑜、益州攻略準備中に急死。
210年
・劉備、劉璋に招かれ蜀に入る。 211年
・曹操、馬騰父子を殺害する。
・濡須の戦い。曹操、孫権を攻める。
212年 春:すもも帝国と世紀末国が同時に、皐月皇国の洛陽を攻め、 龍宮国が皐月皇国の巴を同時に攻める(共闘か)。
この後断続的に中国各地で戦争が相次ぐ
(皐月皇国VS世紀末国&龍宮国(江陵隣接後、すもも帝国も加わる)、猫の遠足国VS龍宮国&弩砲投石国・すもも帝国、龍宮国VS皐月皇国&猫の遠足国)。
9月中旬
・曹操、魏公になる。 213年
・馬超、張魯の元に身を寄せる。
・劉備、益州を得る。
・伏皇后らによる曹操暗殺計画が露呈する。
214年
・合肥の戦い。孫権、曹操を攻める。 215年
・曹操、魏公となる。 216年
・濡須の戦い。曹操、孫権を攻める。 217年
218年 春:戦乱が続く中、弩砲投石国が猫の遠足国を滅ぼし、東部海岸地域の領有を確立する。 3月上旬
・定軍山の戦い。劉備、夏侯淵を破る。
・劉備、漢中王になる。
・関羽が曹操・孫権に破れ、劉備は荊州を失う。
219年
・曹操死去、曹丕が魏王となる。
・献帝、曹丕に禅譲。後漢滅亡。
・陳羣、九品中正法を制定する。
220年
・劉備、即位。張飛、部下に暗殺される。 221年 ・秋:皐月皇国・龍宮国・すもも帝国が領有を争っていた江陵を、すもも帝国が領有する。北部では世紀末国が皐月皇国の長安を断続的に攻める。 11月中旬
・夷陵の戦い。劉備、陸遜に敗れる。 222年
・劉備、失意のまま病死。劉禅が後を継ぐ。 223年
・曹丕、孫権を攻めるが撤退する。 224年
・諸葛亮、南蛮を平定する。 225年
・曹丕、死去。曹叡が継ぐ。
・孫権、魏を攻めるが撤退する。
226年
・年末、孟達が反旗を翻すが、年明けに司馬懿に制圧される。 227年
・諸葛亮、魏を攻めるも、街亭の戦いで馬謖が破れ、撤退する。 228年 ・初夏:弩砲投石国、すもも帝国の汝南を攻める。
・夏:皐月皇国、世紀末国の弘農へ反撃開始。
7月中旬
・孫権、即位し帝位につく。 229年 ・初夏:皐月皇国、世紀末国を滅ぼし、その領土を得、現時点で最大勢力となる。 5月下旬
・魏、蜀を攻めるが撤退する。 230年 ・春:弩砲投石国がすもも帝国を滅ぼし、実質、皐月皇国・弩砲投石国・龍宮国の三国鼎立状態となる。 3月上旬
・諸葛亮、3度目の北伐を行うが、李厳による兵糧不足で撤退、張郃を破る。 231年
・公孫淵、孫権に従属の申し出をする。
・曹植、死去。
232年
・孫権が公孫淵へ使者を送るが、公孫淵は使者を斬り首を魏へ送る。 233年
・後漢最後の皇帝、献帝死去。
・諸葛亮、北伐の最中に陣没。
・孫権、魏を攻めるが撤退。
234年
235年 ・春:龍宮国が皐月皇国の江陵を取ったのを皮切りに、皐月皇国と弩砲投石国も戦争を始める。
236年 ・春:弩砲投石国、旧世紀末国の領土を得、中国北部・東部を支配する。 3月下旬
・公孫淵、燕王と自称する。 237年
・司馬懿、公孫淵を攻め、これを斬る。
・倭の女王卑弥呼、魏に使いを送り親魏倭王に封じられる(翌年説あり)。
238年
・曹叡死去。曹芳が継ぐ 239年 :・初春:皐月皇国内にて、君主以外の全武将が解雇される。軍師の乱心か。
240年 ・年末: 皐月皇国が滅亡。中国大陸の大半以上を弩砲投石国が支配する。 12月中旬
・呉、魏を攻めるが撤退する。 241年
・孫和、呉の太子になる。 242年
・倭の卑弥呼、魏に使者を遣わす。 243年
・呉の陸遜、丞相になる。 244年
・陸遜、後継者争いに憂慮し死去。 245年 ・冬:弩砲投石国と龍宮国間で大規模に戦争が始まる。 12月中旬
246年
247年 ・初夏:弩砲投石国が龍宮国を滅ぼし、残り2国となる。 5月中旬
248年
・司馬懿、クーデターを起こし、曹爽一族を滅ぼす。夏侯覇、蜀へ亡命。 249年
・姜維、魏を攻めるが撤退。
・呉で後継者争い。皇太子孫和は庶民に落とされ、孫覇は自殺を命じられる。孫亮が立太子。
250年 ・春:弩砲投石国が青龍的三国を滅ぼし、天下統一する。 3月下旬
中国大陸
統一
250年3月、弩砲投石国が中国大陸を統一致しました。
 おめでとうございます!!

・第14回戦記(正史部分は随時追加)
   注)備考欄のMAPをご覧になった方は申し訳ないですがブラウザの「戻る」で前画面に戻って下さい。