中国志年表(2006/11/17〜2006/12/5) 強制終了期日2006/12/24

 ・中国志詳細年表はこちら

 ・中国志戦記
   注)備考欄のMAPをご覧になった方は申し訳ないですがブラウザの「戻る」で全画面に戻って下さい。

史実年表 中国志年表 備考
1525 ・中国志ゲーム開始!(全33都市) 1月中旬
1526
1527 ・年始:各地で合戦が起こる。
・夏:戦乱が相次ぐ中、銀河南無家が中国地方南東部に基盤を確立する。
1月上旬
7月上旬
・大内義興、死去。子の義隆が継ぐ。 1528
1529 ・冬:中国地方東北部に紅牡丹家、北西部に盤古家、南西部に蓮根家が勢力を伸ばす。 12月上旬
・吉川元春(元就の次男)、生まれる。 1530
・吉川国経、死去。孫の興経が継ぐ。 1531
1532
・小早川隆景(元就の三男)、生まれる。 1533
1534 ・初春:紅牡丹家が中国地方東北部を支配する。 2月下旬
1535 ・春:安芸地方に舟久家が勢力を伸ばす。 3月上旬
1536
・毛利隆元(元就の長男)、大内氏の下へ質子として山口へ赴く。 1537
1538
1539
・毛利隆元、吉田郡山へ戻る。 1540
・尼子経久、富田にて死去。孫の晴久が継ぐ。
・大内義隆、厳島神社神主家友田氏と安芸守護武田氏を滅ぼす。
1541
1542
1543 ・夏:出雲方面を支配した盤古家が歌舞伎家・朝鮮常苦家に滅ぼされる。 8月中旬
・このころ大内義隆、大内義長(大友宗麟の弟で、義隆の姉の子にあたる)を猶子とする。 1544
・大内義尊(義隆の子)、生まれる(⇒後に後継問題に 1545
1546 ・春:因幡・伯耆地方を支配した紅牡丹家が銀河南無家に滅ぼされる。 3月下旬
1547
1548
1549
・毛利元就、井上元兼ら井上一族を粛清する。
・元就の次男元春、興経の養子として母の実家である吉川家へ養子に。直後、興経とその子が毛利氏によって殺害される。
・小早川隆景、小早川家の娘と婚姻。沼田・竹原の小早川家を相続し、小早川家を統一する。
1550 ・秋:萩方面を支配した菓匠三全家が舟久家に滅ぼされる。 10月中旬
・大内家家臣の陶晴賢、大内家の家中不和・後継問題等から主君と対立。義隆を攻め自害させる。 1551
1552
・毛利輝元(隆元の長男)、生まれる。 1553
・尼子家にて内紛。晴久、おじである誠久ら新宮党を滅ぼす。 1554 ・年始:石見方面を支配した歌舞伎家が銀河南無家に滅ぼされる。 1月中旬
・厳島の戦い。毛利元就、陶晴賢を厳島にて破る。 1555
1556
・大内義長、毛利氏に攻められ自害。大内氏滅亡。 1557
1558
1559
・尼子晴久、急逝。子の義久が継ぐ。 1560
・吉川広家(元春の三男)、生まれる。 1561
1562
・毛利隆元、急逝。
・毛利元就、尼子氏を攻め出雲白鹿城を落とす。
1563
1564 ・年末:かつて中国地方の1/3を支配した舟久家が滅亡する。 12月下旬
1565 ・春:銀河南無家が朝霧家を滅ぼし、中国地方を統一する。 4月中旬
中国地方
統一
・1565年4月、銀河南無家が中国地方を統一致しました。おめでとうございます!